子供の足の臭いといじめ 子供のニオイ対策

子供の足の臭いといじめ 子供の臭い対策とは?

子供の足の臭いといじめ 子供のニオイ対策

子供のいじめには色々な原因があります。例えば言動が気に入らないとか、喧嘩をしてそれ以来などであればまだ理解も出来ますが、大人では到底理解しがたいことがきっかけでいじめに発展してしまうこともあるのです。例えば臭い。

 

大人であれば気を遣う臭いですが、子供の世界では立派ないじめのきっかけになりえます。特に足の臭いなどはいじめの対象になりやすく、ばい菌扱いされてしまうこともあるわけです。

 

親として、子供がそのような扱いをされるなんて考えられませんし耐えられませんよね。だからこそ、そのような原因は出来る限り排除してあげる必要があるのです。

 

そのためには、何と言っても清潔さを保つことが肝要です。臭いの原因は、実は身体そのものからというよりも、衣服や靴など身に付けている物から発せられるケースが多いです。なので、まずは何よりも身に付けている物を徹底的に洗浄して綺麗にしてあげてください。これだけでも大幅に臭いの原因は排除されますので、よほどのことが無い限りは周囲から臭いと思われることも無くなるでしょう。

 

また普段の生活にも気を付けるようにしてください。足の臭いなどは、靴下を着用せずに靴を履くなどすると一気にきつくなります。これは足の汗や皮脂が靴の中に染み込み、それがおぞましいほど増殖するからです。靴を一日履いていると、その中ではコップ一杯分の汗をかくと言われています。

 

そして適度に温かい状態も維持されますので、臭いの原因となるバクテリアが異常に繁殖してしまうんですよね。これが足の臭いの原因なのです。そのため、靴下は必ず履くように言いつけ、さらには靴下はその日のうちに洗濯をするようにして、靴も定期的に洗うようにしましょう。
これだけで劇的に効果が現れますよ。

 

何にしてもいじめの原因はそこらに転がっています。親としては、そのような可能性を一つひとつ潰してあげることしかできませんので、是非とも足の臭いには気を付けてあげるようにしてくださいね。


いじめは些細な理由はから始まる。臭いといじめ

子供は時に大人よりも残酷な時があります。小学校や中学校では今もいじめが後を絶ちません。20年前私が小学生だった頃もいじめはありました。

 

始まりはとても些細なことで、たまたま給食で出た納豆が食べられず机の中に数日放置してしまった女の子がいて、それを見つけた一人の男の子が「臭い臭い女」と叫び女の子が泣いてしまったことでした。

 

その女の子は気が弱く友達は少ないタイプで、男の子はクラスの人気者でいつも仲間が周りに集まっていました。男の子の仲間も混ざって女の子をいじめ始めて、それを止めようとする人は誰もいませんでした。女の子の教科書をどこかに隠したり、廊下で足を引っ掛けて転ばそうとしたり、子供心にとても嫌な気分だったのを覚えています。それと同時にあの時なぜ自分はいじめを止めさせられなかったんだろうと悔やむこともあります。

 

でもあの頃の自分はいじめていた男の子に嫌われたくないとか、仲間外れにされたくないという気持ちがあったのも確かです。一般的な子供同士のコミュニティーはとても狭く、広くてもせいぜい同じ学区の範囲ではないでしょうか。この狭さが問題で、いじめられる方はこのコミュニティーで起こることがこの世の全てだと勘違いしてしまうことがあります。

 

またいじめる方も狭い世界を支配した気分になり、行動がエスカレートしていってしまうことがあります。
いじめはいつも小さいコミュニティーでコソコソと行われます。これを見逃さないようにするのが私たち大人の課題なのでしょう。

 

子供の足が臭いといじめのきっかけになる?

30代後半の女性です。私は長年、武道を続けているのですが、「体の臭い」と人間関係についてはかなり深く関係性があるなあ、と痛感させられることが少なくありません。

 

学校の教室などでは上履きをはいてしまうので、足の臭いは抑えられることがほとんどです。ですが武道は多くの場合、畳や床の上で裸足の状態で行い、また汗を大量にかくので、足の臭いも体の臭いも、隠すことができません。

 

大人どうしの習い事なら周囲は我慢するのでしょうが、こういった場所では子ども特有のストレートな残酷性が出ます。「お前、足くさい」とはっきり言われて言葉をなくしている小学生たちの間に、フォローに入ったことも何度もあります。

 

心の中では深く傷ついていたり、ひどいケースならそれがいじめにつながって、道場に行きにくくなったりやめてしまうことも十分にありえます。

 

ですから親御さんは、たかが足の臭いと軽く見ずに、子どもだからこその足の臭いケアを実践するべきでしょう。中学生くらいになれば、男子はある程度汗臭いもの・体臭があるものという認識が出て来て気にならなくもなりますが、小学生高学年までは衛生観念の教育もかねて、保護者が多少は口を出すべき問題だと思われます。

 

逆を言うと、長年の生活習慣の積み重ねとして発生している大人の足の臭いに比べて、子どもの足の臭いは改善しやすいというメリットもあります。汗腺のサイクルが改善しやすく、また洗浄やまめな着替えなど、習慣づけの容易である若年の頃こそ、将来の足の臭い発生を防ぐためにも対策の有効な時期と言えるでしょう。

子供の足の臭いといじめ。真剣に子供と向き合って!

子供の足が臭いことでいじめに合うことがあるのか?そう思われる方もいるかもしれません。しかし、私が中学校時代、とても足の臭い男の子が居ました。
彼はとても人柄がよく、誰からも愛されるような人だったのですが、あるときから急に足の臭いが激しくなり、いじめに合うようになりました。

 

「うわ、なんだ、すごい臭いがする。これ、足の臭いじゃない?だれだれ〜?」という無邪気な会話から、足の臭い犯人探しが始まりました。

 

先程も言ったように、彼は誰からも愛される存在。顔もイケメンと言われる部類の人だったので、女子生徒からも人気がありました。当然男子からは嫉妬の対象となっていたのです。

 

「うわ!足が臭いやつおまえかよ!うわー!」

 

子供というのは残酷です。彼の足が臭いとわかるやいなや早速いじめの対象となりました。

 

足が臭くなってしまった彼の話では「急に臭くなって、もうワケがわからない。いろんな治療を試したけど全く治らない。助けて。」と言っていました。
私も若く自分がいじめられることが嫌だったので、彼から距離を置くようになりました。すると足が臭いといじめられていた彼は、学校に来なくなってしまいました。

 

子供の足が臭くなる問題について、大人は笑い話にするかもしれません。しかし、子供は学校という社会が全てなので、笑い話にすることはできないのですよ。
彼は今どうしているのか私が知る由もありません。しかし、たった1つ。足が臭いという理由だけで一生ものの傷を負う事になりました。子供の足が臭いと感じている親御さんは、もっと真剣に子供と向き合ってください。

子供の足の臭い。心配なのはいじめ

子供はとにかく汗かきで、夏なんかは特に大変ですよね…。私の息子は、サッカーを習っているのですが、帰ってきてビックリ。足がものすごく臭いのです!
息子には、「たまに靴洗ったり、干したりしなきゃすごく臭いよ!」と言っているのですが、母親の言うことだからなのか全然聞く耳を持ちません。

 

確かに旦那の足も臭い方でしたが、私が毎日消臭スプレーをしているおかげなのか大分マシになってきており旦那もそんな私を見ていて気にし始めたのか、最近では水から「足臭いかなあ?」などと聞いてくることもあります。

 

 足が臭いままの息子で、心配な点が一つあります。それは、「いじめ」です。今は小学2年生なのでみんなそんなに気にしないと思いますが、それが学年が上がっていくに連れ、子供の足の臭いでいじめが起きるのではないか。と思ってしまいます。

 

仲の良いママ友に話を聞いてもらうと、その家の子も結構な足の臭いの持ち主らしく正直に「臭いからしっかりと洗いな!」と怒っているそうです。何度も何度も言うとその子も気にし始めたのかしっかり靴を洗ったり、晴れている日は干したりと臭い対策しているそうです。

 

干すのは簡単だから、まずは外に干す習慣を付けさせてみれば?とアドバイスをもらいました。私もこれは大切なことなので、しっかりとまだ幼い息子に言おうと思います。

 

親がすべてやってあげれば解決は早いですが、それは根本的解決にはならないと思っているので、息子と一緒に頑張っていきたいと思っています。

子供の足の臭いがいじめに発展する例

私が小学生だった時代、とても体臭の気になる男の子がいました。特に私自身がそこまで気にしていたわけではありませんが、クラスの男子には嫌われていました。低学年の頃はよかったのですが、中学年、高学年となってくると子供というのは残酷なもので、いじめられるようになりました。

 

男の子なので、周囲にケアの方法や、ケアグッズを教えてくれる人もいなかったのだと思います。特に、その子はバスケットボールをやっていたので、試合後や部活後、バスケットシューズを脱いだときの足の臭いはすごかったです。

 

高学年になるとクラスも離れて、私は関わりがなくなっていきましたが時おり休み時間などのタイミングで廊下から『○○の足の臭いがうつるー!』というような声が聞こえてきました。

 

その子は性格もよく、見た目も普通より格好いい感じの子でしたが、だからこそ周りが余計に囃し立てたのだとおもいます。中学にあがるころには成長か、自分でケアしているのか、言われなくなったと私立へいった友達から聞きましたが、彼が私立へいったのもいじめが原因で、このまま公立の皆と同じ中学へあがりたくないからだそうです。

 

臭いというのは、いつの時代もいじめに発展してしまう要素であります。

 

大人になると遠慮して言えなくなってくるものですが、子供の時代は残酷に素直ですから、思ったことはそのまま言葉にでてしまいます。しかもいまの時代ほど沢山のケアグッズはありませんでしたから。本当に気の毒だったとおもいます。自分のこどもだったらと思うととても辛いです。

子供の足の臭いは遺伝するのだろうか?

私の旦那はすごく足が臭いです。仕事帰りなんてこの世のものではないくらいの意味のわからない臭いを解き放っています。
私が1番心配なのは子供にこの足の臭いが遺伝するのではないかということです。

 

もし、子供がこんなに足が臭かったら、学校で臭い臭いと噂になってそれがエスカレートしていってとか考えると本当に不安です。

 

旦那が臭い分には別にいじめられることもないし、ましてや仕事をしている人の足が臭いなんてことは当たり前だと思っています。

 

しかし、子供からこんなに強烈な臭いがしてくるのとはまた訳が違います。学校では靴を脱いで入らなければならない部屋などがありますよね。

 

靴を脱いだ瞬間、あの旦那のような強烈な臭いがしてきたらみんなもびっくりすることでしょう。しかも密室ですからすぐに充満するし、みんなどこから臭ってきているのか犯人探しを始めるでしょう。始めたところですぐに犯人がばれてしまうと思うのですが。

 

私が小学生の頃も、似たようなことがありました。あるのが部屋にみんなで入ったところ、すごく足の臭いがしてきたのです。みんなで犯人探しをしたのですが結局犯人は床でした。床からの臭いだったのでそれで済んだのですが、これが誰かの足からだったとしたら大変です。

 

毎日旦那の足の臭いを嗅ぐたびにこんな不安にかられるのです。子供が学校で足の臭いでいじめられるなんてことがないようにしっかり洗って、いろんな臭いの消し方などを調べておこうと思っています。

この消臭グッズを使えば臭いの悩みが簡単に解消するのではと思いました。。

くさい、においの悩みをこのグッズですぐに解消!



関連ページ

子供の足の臭い、、息子の足が臭い、、その原因とは?
子供の足が臭くなる原因とはなんでしょうか?そういえば自分の子供の頃、小学生の頃を思い出しました。友達の家に行ったときのこと。その友達の家に初めて訪問した時、気づきました。その友達の足の臭いが酸っぱかったことを。その子は汗かきだったのを覚えています。よくハンカチで顔を拭いていたのを覚えています。
子供の足の臭いを消す方法、臭いの対策方法を知りたい
こうして原因がわかってくると考えられるのは汗の量を減らすか、服や靴下に染み付いた汗や雑菌を何とかするか、ですね。子供の汗の量を減らすのは無理なことなので、服や靴下の対策のほうを考えた方がいいですね。
子供のわきの臭いを消す方法とは?思春期の子供のワキがとんでもなく臭いわけ
学校から帰ってくると、その日息子が着ていた制服や体操服が洗濯かごに入れてあるのですが、それらがもう何というか、男子特有の青春の臭いといえばそうなんですけど、とにかく臭い!衣類に顔を近づけなくても、洗濯かごから洗濯機へ入れる瞬間にプ~ンと漂ってくるんです。靴下もひどいですが、一番臭いのはやっぱり上着のワキの部分ですね。
子供の足の臭いを消す方法とは?新陳代謝が活発で汗を掻きやすい子供は足が臭くなる
子供の足の臭い対策のポイントは大きく分けて2つあります。それは、足を清潔に保つこと、そして靴を清潔に保つことです。新陳代謝の活発さを止める事は出来ませんから、足は指の間まで薬用石鹸などを使って丁寧に洗いましょう。爪の中の汚れにも注意です。

ヌーライオン消臭スプレー AWAOボディソープ